My Photo Memory

チョウをメインに日々の感動を切り取ります

認知症

          長年の親友の認知症が進み施設に入所しました。
       ふたりの息子さんが小学生のときご主人に 先立たれてから70歳まで仕事を続け
       休日は水泳やニュースポーツを楽しんでいました。
       手編み、手芸はプロ級で地域の教室で指導もされていました。

       片道2時間余りの遠くでしたが会いに行ってきました。
       健康体ですこぶる明るい性格だった彼女は介護士に支えてもらいながら
       杖でゆっくり歩行する信じがたい姿に驚きました。

       悲喜こもごもの彼女を想いつらい日々です。
       最近でも健康管理に気をつけた日常で1万歩以上歩いていたのに...

       いづれは我が身、自分では気がつかないのでしょうか...
       彼女がこちらの散歩路まで見に来ていた花柘榴が今年も咲いています。

004花ザクロ

003花ザクロ

花ざくろ


  1. 2018/06/18(月) 18:03:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

クロアゲハ

             満開のツツジにクロアゲハ・キアゲハ・ナミアゲハが訪れています

013-1_20180417121036fa7.jpg

011-1_2018041712143615a.jpg

002キアゲハ-1

010-1_20180417122343a0e.jpg

                            ミツガシワ(三柏)
ミツガシワ

009ミツガシワ


  1. 2018/04/17(火) 12:30:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

心臓病

          2015.5.29付新聞の記事でした。
        北里大病院で4月2日血液が逆流する重い心臓病が出生前に見つかった男児に
        出生直後の手術で成功したと発表された。
        心臓の働きが悪い新生児に対する出産直後の手術で成功した例は海外でも報告
        がないという。
        全身に血液を送り出す左心室と大動脈の間にトンネル状の穴が開き血液が逆流
        する『左心大動脈トンネル』は診断で10万人に1人以下の割合で見つかるとのこと。

        長男は心室中隔欠損でした。 様子をみて手術をしても20歳まで生きられないと。
        今なら助かったかたかもしれない..... と新聞の小さな切り抜きを何度も読みました。
        今では希望すれば出生前検査、新出生前検査で重い心臓病や知的障害が起きる
        病気も見つけることができるようになりましたが.....
        月命日の墓参でもう子供のいる年齢だなあと思いつつも私のなかでは嬰児のまま。

ホトケノザ
  1. 2016/02/28(日) 12:40:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

プロフィール

J-ママ

Author:J-ママ
開設日 2005.9.19
東京都内在住
日本チョウ類保全協会会員2013~
旧bolg「ジョンのいる日々」

最近の記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー