My Photo Memory

チョウをメインに日々の感動を切り取ります

心臓病

          2015.5.29付新聞の記事でした。
        北里大病院で4月2日血液が逆流する重い心臓病が出生前に見つかった男児に
        出生直後の手術で成功したと発表された。
        心臓の働きが悪い新生児に対する出産直後の手術で成功した例は海外でも報告
        がないという。
        全身に血液を送り出す左心室と大動脈の間にトンネル状の穴が開き血液が逆流
        する『左心大動脈トンネル』は診断で10万人に1人以下の割合で見つかるとのこと。

        長男は心室中隔欠損でした。 様子をみて手術をしても20歳まで生きられないと。
        今なら助かったかたかもしれない..... と新聞の小さな切り抜きを何度も読みました。
        今では希望すれば出生前検査、新出生前検査で重い心臓病や知的障害が起きる
        病気も見つけることができるようになりましたが.....
        月命日の墓参でもう子供のいる年齢だなあと思いつつも私のなかでは嬰児のまま。

ホトケノザ
  1. 2016/02/28(日) 12:40:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<三椏 | ホーム | 寒緋桜>>

コメント

ご長男さん

J-ママさん過去につらい思いをされましたね。
私たちの時代は男の子でも女の子でも大切な授かりものでたとえ障害を持って産まれも懸命に育てたと思います。
でも出生前にほとんど確実に分かるって怖いような気がしますね。
  1. 2016/02/28(日) 15:50:32 |
  2. URL |
  3. yaso
  4. [ 編集]

辛い記憶ですね。
今では検査で産まれる前から病気などが
分かるようですが....どうするかを考えるのは
複雑な気持ちでしょうね。
  1. 2016/02/28(日) 20:02:18 |
  2. URL |
  3. かえ
  4. [ 編集]

こんばんは

いきなりでちょっと驚きました。お気持ちいかばかりかとお察しします。
出産前に異常が見つかった場合堕胎を選択するかたが多いようですね。
昔の考え方では信じられない世の中になってきました。
知人の姉の次男は生後数ヶ月でダウン症と診断されたそうです。
詳しくは聞いてませんけど軽度らしく元気で暮らしているようです。
短歌をしたためたお写真に和みました。
  1. 2016/02/28(日) 21:22:01 |
  2. URL |
  3. かんだ
  4. [ 編集]

おはようございます。

長男さん、J―ママさんがおかあさんで、幸せだったと思います。
  1. 2016/02/29(月) 05:08:43 |
  2. URL |
  3. usako
  4. [ 編集]

画面がいつもと違いびっくりしました じっくり読ませて頂き、つらい過去があったj-ママさんに涙が出てきてしまいました。いつも明るいママなのに新聞の小さな切り抜きを読んでる姿が目に浮かび悲しかったです。 短歌の心情良くわかります。
  1. 2016/02/29(月) 10:45:21 |
  2. URL |
  3. ひろこ
  4. [ 編集]

こんにちは。
悲し過ぎたお辛い過去ですね。
明朗活発なJ-ママさんからは想像しがたいですが長男さんが生涯見守ってくれると思います。
友人のお孫さんは三歳になりますが水頭症だそうです。水頭症も事前にわかるのでしょうか‥。
  1. 2016/02/29(月) 11:53:45 |
  2. URL |
  3. しょうこ
  4. [ 編集]

>yasoさま

昔のことですがふとしたことで思い出します。そうですよね、妊婦の不安をあおる出生前検査は何かと議論されているようですね。
  1. 2016/02/29(月) 20:13:11 |
  2. URL |
  3. J-ママ
  4. [ 編集]

>かえさま

もし病気が見つかった場合に選択を強いられる当事者の心中を考えてしまいますね。
  1. 2016/02/29(月) 20:16:37 |
  2. URL |
  3. J-ママ
  4. [ 編集]

>かんださま

こんばんは。遠い昔のことです。私共も入るお墓に毎月ふたりで行ってます。 多くのかたが中絶すると聞きます。そうでしたか、染色体の数でダウン症は確実に分かるようですね。 下手な歌、恐縮です。
  1. 2016/02/29(月) 20:22:26 |
  2. URL |
  3. J-ママ
  4. [ 編集]

>usako さま

こんばんは。そうでしょうか、ありがとうございます。涙が...
  1. 2016/02/29(月) 20:24:25 |
  2. URL |
  3. J-ママ
  4. [ 編集]

>ひろこさま

びっくりさせてしまいましたね。たぶん詳しくお話ししたことはなかったかも。新聞を読んだ日、成長した姿を思いましたがやはりあのときのまゝでした...
  1. 2016/02/29(月) 20:28:33 |
  2. URL |
  3. J-ママ
  4. [ 編集]

>しょうこさま

こんばんは。人はみなつらいときもあったはず。私だけではありませんね。 毎月「ママが来たよ~」と話かけながら夫は墓石をピカピカに拭いてます。 そうでしたか、水頭症のことはよく分かりませんが先天性と後天性があるようですね。
  1. 2016/02/29(月) 20:34:14 |
  2. URL |
  3. J-ママ
  4. [ 編集]

ほとけ様

お辛かったですね〜〜可愛らしいほとけ様、お父様(ご主人様)も、お辛い思い出を可愛らしい姿に彫り出されていて、ご心痛はいかばかりかとおもいます。

今なら助かるというのはどんな時代になってもあることですが、それが我が子となると次元が違って複雑な気持ちになりますでしょう。

義父母は二人の子を30〜40代で亡くしました。ちょうどいまの私の年代でした。
自分を含めて親の病気は諦められるけど、子どものそれは本当に深い悲しみです。普段の生活では気丈で悲しみをおくびにも見せなかった義母が一度だけ、「近所の人に、遺影も飾らずによくそんなにケラケラと生きられるね」と言われたと、泣いていたことがありました。深い悲しみがあるからこそ、遺影が見られなくて、その日1日を大切に、残された孫や家族たちと明るく生きようと思う気持ちを泣きながら話していたのを今でも思い出します。

ご長男だってもっとご両親とくらしたかったことでしょうが、素敵なご両親にずっと見守られていて、ご両親のことを天国から見守ってくださっていることと思います。
お二人でずっとお元気で墓参されることが一番の供養になりますね。
  1. 2016/03/01(火) 18:16:23 |
  2. URL |
  3. われもこう
  4. [ 編集]

>われもこうさま

相方が彫った和み地蔵にいつも癒されています。 お義母さまはおふたりも... さぞつらかったことでしょうね。人さまの心無い言葉に驚かされました。 安易なことばは人の心を深く傷つけますね。 そうですね、宿命ですので今を元気に過ごしていきたいと思います。
  1. 2016/03/02(水) 13:13:06 |
  2. URL |
  3. J-ママ
  4. [ 編集]

辛いですね。
長男さんは、重い心臓病で
亡くなられたのですね。

ご主人が彫られた仏様のやさいいお姿に、
想いが伝わってきます。合掌。

今では、医学も進歩して、
出生前にいろいろな病気が
分かる時代になってきましたが、
考えさせられます。
  1. 2016/03/10(木) 15:24:01 |
  2. URL |
  3. ねりー
  4. [ 編集]

>ねりーさま

こちらにもコメントいただきありがとうございます。もう昔のことですが新聞記事でふと思い出しました。 ねりーさんもまたご主人様大変でしたね... 夫に頼んで彫ってもらった鎌倉のなごみ地蔵にいつもなぐさめられてます。
  1. 2016/03/10(木) 17:00:12 |
  2. URL |
  3. J-ママ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://johnblog.blog25.fc2.com/tb.php/1127-580a0eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

J-ママ

Author:J-ママ
開設日 2005.9.19
東京都内在住
日本チョウ類保全協会会員2013~
旧bolg「ジョンのいる日々」

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー